AbemaTV

さよならプロポーズ10話 感想 イモトのWi-Fiは大事です

投稿日:

さよならプロポーズ。

カップルが7日間の旅を行い、その7日間で「結婚するか、別れるか」どちらかに決めなければならないというAbemaTVの恋愛リアリティーショー。

 

今回はさよならプロポーズ 10話「婚約指輪、お返しします。」の感想です!※ネタバレありの感想となります。

 

前回までの感想はこちら

1話~2話 ⇒ さよならプロポーズ 1話~2話 感想 さよプロは企画が破綻している?

3話 ⇒ さよならプロポーズ 3話 感想 ナポリで勝負下着を買うという謎

4話 ⇒ さよならプロポーズ4話 感想 結婚への価値観がぶつかり合う

5話 ⇒ さよならプロポーズ5話 感想 自分の幸せ優先はただの甘えです

6話 ⇒ さよならプロポーズ6話 感想 女性のあり方を決めつけるオンナ

7話 ⇒ さよならプロポーズ7話 感想 結婚と仕事は2択じゃないぞ

8話 ⇒ さよならプロポーズ8話 感想 サアヤはまだ東京で消耗してるの?

9話 ⇒ さよならプロポーズ9話 感想 これが真のパワースポットか!



さよならプロポーズ 10話 ネタバレ & 感想

さよプロ 10話【フミヤ×カナミ】カップル

超ストイック筋肉インストラクターのフミヤと、

早く結婚して子供産みたいモデルのカナミのカップル。

 

前回は、パワースポットの教会で神父に祈りを捧げられてフミヤが号泣。
そして結婚に向けてふたりが良い雰囲気に進み始めている様子だった。

電車に乗って

最終決断が翌日に迫るこの日。
カナミとフミヤは、パレルモ駅から電車に乗って日帰り旅行に出かける。

目的地は、海辺の古都 チェファルー

こちらもまた素敵な景観を持つ町である。

さよプロを見ていると非常にイタリア、シチリア島に行ってみたくなる。

街並みの美しさと、食事の美味さがよく伝わってくる場面が多い。

特別な観光地だけでなく、街並み全体が独創的で美しい街は旅行先として惹かれるものがある。

フミヤとカナミも街をぶらっと散策したのち、海辺に向かう。

 

海辺でフミヤは語る

神父さんが「涙を流すのは素晴らしいことだ。強い人ほど涙を流す。」と言っていたのを聞いて思ったことがある。
その言葉がカナミが言っていた「仕事が失敗しても一緒に頑張っていく」という言葉とつながった。
絶対に仕事を成功させると言っているのは、自分が強くありたい、強くあり続けなければならない、と思い込んでいたからだけど、
あの瞬間に、少しは弱い部分も見せていいのかなと思った。
でもカナミは強くいて欲しいでしょ?

カナミ

ずっと弱いとかだったらちょっと違うけど、強いとか弱いじゃなくて自分らしくいればいいと思う。
毎日ずっと強い人、ずっといい人なんていないし、オンオフが切り換えられればいい。

 

そしてフミヤは問う

「カナミの気持ちは変わらない?最初に伝えてくれた気持ちはずっと持っている?」

カナミ「もちろんだよ。」

 

そして真剣な眼差しで考え込むフミヤ。

最終決断に向けて、真剣に真剣に答えを選びはじめているようだ。



食材購入で最強の修羅場が到来

ふたりが料理に対する考えを話し合ったときに、フミヤはカナミの手料理を食べてみたいという話になり、
イタリア最後の晩餐はカナミがフミヤを手料理をふるまうと決まっていた。

手料理作りのため、地元のスーパーへと食材を購入しにいく。

 

さて、カゴを手にして買い物を始めるが、「Wi-Fiが繋がらない..」と焦り始めるカナミ。

カナミは何を作るか、何を買えばいいかもわからない状態のようだ。

フミヤはカナミが何を作ろうとしているのかは聞いていない様子。

 

とりあえずスーパー全体を回る。

カナミはずっとWi-Fiのことを気にしていて、なかなか買うものが決まらない。

 

そして生タコをカゴに。

「それ調理できんの?ちゃんと下処理とかできないと食えないぜ??」と心配するフミヤ。

「大丈夫ネットで調べるから」とカナミは言う。

 

サラダを選ぶのにも一苦労。

フミヤ「サラダで超悩むじゃん」

カナミ「バカにしてんの?」

 

フミヤ「マジで進まねぇ 先にw」

カナミ「だってWi-Fi繋がんないからわかんないんだもん。ふつうに無理なんだけど。」

 

カナミがどんどんイライラし始めて、あまりの段取りの悪さにフミヤもあきれはじめてくる。

だんだんとピリピリしたムードに。

 

 

そしてカナミは料理することを諦め始める

 

カナミ「もうイライラするからやめよ。」

フミヤ「やめんの?ほんとに?いいよ、じゃあ全部置いてきて」

 

そして爆発する。

カナミ「なんでそういう態度するの?一緒に探すって言ってたじゃん」

フミヤ「どういう思いでこれをやろうと思ったかわかってる?」

カナミ「わかってるよ。別にそこに関して言ってるわけじゃない。」

 

フミヤ「カナミは何を作ろうとしてたの?」

カナミ「オムライスとか作ろうとして。みそ汁とか作りたかった。バジルとかも全部ないわけ。
で、くるくる回ってたらそっちがいろいろ文句つけてくんじゃん。表情に出して態度に出して”まだ回んの?”ってそんなこと言う必要ある?
だったらそういう試練与えんなよ。自分は料理できるからいいけど、こっちができなくてくるくる回ってたら毎回そういう態度とられるわけ?
もういい。帰る」

フミヤ「ほんとにいいの? 明日決断だよ?」

カナミ「いい。別にどうにでもなればいい。知らんわ。」

 

おおおおお、修羅場ww

 

なんか妙にリアルな喧嘩だなw

しかしなぜこんなことになってしまうのか。

この喧嘩に対して思ったこと

  1. ポケットWi-Fi持ってないのなんでなん? そんなにネットないとなんもできないならイモトのWi-Fiとかで借りてこいや。イモトのWi-Fi無いならオフラインで見れるように保存しとこうな。
  2. カナミは「一緒に探すって言ったじゃん?」と言ってたくせに、なんで何を作ろうとしているか最後まで話してないの? 「これを作ろうとしているけど何を買えばいいかわからない」って言えばフミヤは一緒に探してくれたと思うけど。別に食材選びのセンスを試したいわけじゃないでしょ。
  3. オムライス、みそ汁、バジル の並びが謎w バジルなくてそんなクリティカルに困ることあるか?(笑)

食材を選ぶところまで含めてカナミがひとりでやるのかとか、どこは一緒にやるみたいなラインが曖昧だったからお互い牽制し合ってよくわからんことになったんかな。

正直ネット繋がらなくてもだいたいで決めればいいじゃんって普通に思うけど、ガチで生まれてこのかた一切料理したことなくて、センスもなくて、ゆとり世代思考がすごい人だったら、ネットない瞬間に詰みみたいになるってことなのか???

まぁ根本はネットうんぬんの問題ではないとは思うが。

 

あと、海外旅行中にはじめての料理挑戦は無駄に難易度上がるからやめたほうがいいねw

明日までに結婚決めないといけなくて時間無いからしゃあないかもしれないけど。

 



さよプロ 10話【カズ君×サアヤ】カップル

神戸で仕事を頑張っているが、はやく結婚して一緒に住みたいと思っているカズ君と

婚約したあとに東京でのモデルの仕事が調子出てきてしまって、仕事やめたくなくなっちゃったサアヤのカップル。

 

前回は、ワイナリー見学をしたのち、
サアヤは何がなんでも東京に残ると決心し、それができなければ別れると決めている様子だった。

最終日を迎えたふたり

カズ君とサアヤは旅行最終日を迎え、この日の19時には結論を出さなければならない。

最後の海へ出かけ、ダイビングを楽しむ。

そして、アルプス一万尺の最終検定が実施されたwww

いままではひっそりとアルプス一万尺をしているところが無音で写されたりしていたが、遂に思いっきり放送されたw

しかし、この意味不明なノリはふたりの仲の良さを象徴していた。

 

最後のランチ そして結婚観の最終結論

最後のランチはミシュラン1つ星のレストランへ。

上品な前菜から、ミニピザやらなんやらとオシャレな料理が出てくる。

 

そしてサアヤは結婚観、人生観について語る。

 昨日のワイナリーのオーナーがすごく素敵な笑顔だった。
 自分の人生に何かを諦めていたらあんな素敵な笑顔をできない。
 だから私も納得してこれからの人生を過ごしていきたい。

カズ君「結婚したくないってこと?」

サアヤ「そういうことじゃない。結婚すごくしたい。カズと一緒に歴史を作りたい。カズがいる人生を送りたい。
でも、じゃあ何年後に一緒に暮らそうって断言することはできない。
最初は譲り合って擦り合わせてって思ってたけど、いろんな人と話して、やっぱり自分がまず幸せじゃないとダメだって思った」

カズ君「サアヤは期限とかも一切譲れない。結婚はしたいけど、結婚するなら満足するまで東京でしたいことさせてくれっていうのが条件ということ?」

サアヤ「Yes。どうなっても覚悟はできてる」

そしてサアヤは婚約指輪を返却する。

 

 

いや、まずこれ

>自分の人生に何かを諦めていたらあんな素敵な笑顔をできない。

本当にそうか?
そもそもあのオーナーって初代じゃないよね?その時点でまず、やりたいことベースで仕事してるわけじゃなくて、自分の生まれてきた運命を背負ってるよな。

なんでもかんでも自分の好きなようにやればいいってもんじゃない。
むしろ与えられた運命の中で、これは嫌、あれは嫌とかグチグチ言わずに、やれる範囲で好きなようにやって、なんでも楽しんで生きていくっていうことじゃないかな?

大なり小なり人生に諦める部分はあるでしょ。

もちろん諦めないでこだわる部分も必要だけど、それが本当に東京に居ることなのかがやはり疑問。(これは散々言ってきたことだが)

本質は「東京に居ること」ではなく、「やりがいのある仕事をすること」のはず

それを大阪、神戸で探す努力もせず、「東京に居ること」を本質だと思い込んでいるところがダメだね。

 

カズ君は、ここを踏み込んで突っ込んであげないともったいないと思うんだけどな。

純粋にサアヤは本質に気づいてないようにも見えるから。

(これは本当は裏では話しているかもしれないので放送を見る限りではあるが。ただ、カズ君は過剰なやさしさゆえにツッコめていないように見える)



さよならプロポーズ 11話の予告

次回のさよプロ11話は、

大喧嘩からの仲直りができるかどうか心配なフミヤとカナミ。

遂に最終決断を迎えるカズ君とサアヤ。

 

さよならプロポーズ11話の放送は11月2日(土)よる10時!

2組とも一体どうなってしまうのか、期待です!!

 

さよプロの感想記事一覧はこちら さよならプロポーズ感想




 

 

-AbemaTV
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

闇営業問題が腑に落ちない理由。三浦瑠麗と箕輪厚介の意見から考察してみた。

世間を騒がせている吉本興業芸人の闇営業問題。   しかし、この吉本芸人の闇営業問題、妙にどこか腑に落ちない。 AbemaPrimeでこの問題が取り上げられていたのを拝見したので、そこでの意見 …

いきなりマリッジ 本編と後日談について感想と考察

AbemaTVの恋愛リアリティーショー「いきなりマリッジ」がおもしろくて、一気にシーズン1、2すべて見てしまった。 番組ページはこちら   なかなか良いコンテンツで、思うところも色々とあった …

「奪い愛、夏」6話 感想「邪魔するヤツはぶっ壊す!!」

AbemaTVの人気ドラマ「奪い愛、夏」の6話「もう、あなたを離さない!!!!!」が放送されました。   N国党のオマージュかと思うくらいの「ぶっ壊す」具合だった6話。 ぶっ壊れすぎ具合がな …

さよならプロポーズ8話 感想 サアヤはまだ東京で消耗してるの?

さよならプロポーズ。 カップルが7日間の旅を行い、その7日間で「結婚するか、別れるか」どちらかに決めなければならないというAbemaTVの恋愛リアリティーショー。   今回はさよならプロポー …

さよならプロポーズ11話 感想 ケンカのあとの夜は燃える説

さよならプロポーズ。 カップルが7日間の旅を行い、その7日間で「結婚するか、別れるか」どちらかに決めなければならないというAbemaTVの恋愛リアリティーショー。   今回はさよならプロポー …