Mリーグ 麻雀

Mリーグ2023-2024シーズンドラフト結果 指名がひどいと話題に

投稿日:

Mリーグ2023-2024シーズンドラフト結果 指名がひどいと話題に

Mリーグ2023-2024ドラフト会議が2023年6月30(金)に開催された。

結果としては、多くのMリーグファンが「まさかそんなことは・・」と思っていた噂の情報が真実であり、ひどい指名となった。



Mリーグ2023-2024ドラフト指名選手

まずはドラフト指名された選手を振り返ってみよう。

BEAST Japanext (新チーム)

  • 猿川真寿(日本プロ麻雀連盟)
  • 菅原千瑛(日本プロ麻雀連盟)
  • 鈴木大介(日本プロ麻雀連盟)
  • 中田花奈(日本プロ麻雀連盟)

セガサミーフェニックス

  • 醍醐大(最高位戦日本プロ麻雀協会)

赤坂ドリブンズ

  • 浅見真紀(最高位戦日本プロ麻雀協会)
  • 渡辺太(最高位戦日本プロ麻雀協会)



Mリーグ2023-2024ドラフト指名選手は話題性重視でひどい

さて、世間でひどいひどいと話題になっているのは、もちろん新チーム BEAST Japanextの指名についてだ。

まずはなんといっても乃木坂46の元メンバーである中田花奈だ。

 

たしかに、麻雀プロ団体に所属する麻雀プロの中で、フォロワー数、一般知名度でいえば圧倒的なのは間違いない。

しかし、Mリーグとはそういうものなのだろうか。

それだけで選んでよいのだろうか。

私は中田花奈の対局をきちんと観たわけではない。

しかし、少なくともトップ30名、あるいはそれに近いランクに入る実力ではないだろう。

さすがに麻雀の強さで選んだわけではないのは明確だ。

最近、片上がり多面待ちをリーチせずに役無しであがり、チョンボになったの動画が話題になったことも、この話の勢いを加速している。

 

そして、BEAST Japanextは乃木坂だけにはとどまらず、将棋棋士の鈴木大介までも指名してしまった。

鈴木大介氏は最強位を獲得したことがあるなど、麻雀も強いという噂はよく聞く。

とはいっても、専門の麻雀プロ以上のレベルなのだろうか。

いや、仮に実際に強かったとしても、ドラフトでの選出理由は強さではなく話題性であることは間違いないだろう。

 

たしかに、中田花奈・鈴木大介の両名が麻雀界に及ぼした影響は計り知れないし、それは素晴らしいことだと思う。

しかし、Mリーグとは、「数多の麻雀プレイヤー達の中から、ほんの一握りのトッププロだけが出場できるナショナルリーグ」ではなかったのだろうか。

各チームは本気で、真面目に優勝を目指して、勝つために強い選手を獲得する、そうであってほしい。

どれだけ知名度があろうとも、麻雀界に貢献していようとも、根本的には強さで選んでほしい。

 

もちろん、麻雀は実力が測りづらい競技であるので、厳密に上から順に指名するというのは難しい。

ある程度トッププロといえる領域に達していれば、近い水準の選手の中で、影響力やキャラクターなどで選出するのは全く問題ない。



BEAST Japanext 指名選手オーディションからの落差がひどい

また、この指名メンバーをみて、もうひとつ残念だった点としてオーディションをやる段階で他の3名が確実に決まっていたことがわかってしまったことだ。

明らかに強さとかではない選び方。

オーディションがすごく盛り上がり、敗退した選手にもドラフト指名がありえるんじゃないか!なんなら決勝の4人そのままでもいいじゃないか!などと言われていただけに、なんとも夢も希望もないような選び方に感じてしまった。

やはり、「他の何かで有名になった人」を麻雀界に持ってくる、ではなくて、「麻雀の強さで成り上がった人」のキャラクターを掘り下げて面白くしていくのがプロリーグとしてのあるべき姿だと思う。

スポーツ選手だって、結果的にイケメンで有名になる人はたくさんいるが、まずはスポーツそのものの強さあってのことだ。

 

最高位や雀王などのプロ団体の最高峰のタイトルを獲得している人が選ばれてほしいよね。

基本的には、そういった団体のタイトルを取ることがMリーグへの道だと考えて頑張ってきてると思うし、それが報われてくれないときついよね。

今回のBEAST Japanextの指名は、タイトルを目指して研鑽している多くの麻雀プロに喪失感を与えた可能性すらある。

せめて1人は純粋な雀力で選んでいれば。。

 

新井さんや浅井さんがオーディションで勝っていたらまだバランス取れてたと思うけど、

もともと3名が決まっていたところに、オーディションで女流が勝ってしまったことで、イロモノ感がさらに増してしまった。

菅原さんを否定するつもりは全くないのだけど、むしろ華としては菅原さんだけで十分で、オーディションで女流が勝ったら他の指名で男性3人とるとか、そういう真面目な取り方するならよかったんだけどねぇ。



赤坂ドリブンズ・セガサミーフェニックスの指名

赤坂ドリブンズ・セガサミーフェニックスは、普通に真面目に指名してきた印象。

トリプル天鳳位の太くないお氏、女流だけど話題性重視ではなさそうな浅見さん、以前から次期Mリーガーの呼び声の高い醍醐氏。

3人ともMリーグの舞台でどんな麻雀を魅せてくれるのか楽しみだ。

おわりに

今年はMリーグ終了後も、ドラフト指名オーディション・ドラフト会議・Mトーナメントと、一向に話題が尽きないMリーグ界隈。

次のシーズンまではまだまだ長いが、それまではMトーナメントを観て過ごそう。

Abemaプレミアムなら見逃した対局も1.5倍速で全部みれるのでお勧めです。

 



 

-Mリーグ, 麻雀

執筆者:

関連記事

『麻雀 勝ち確システム』の著者 山越貴広が面白い!! 音速のマスクマンとは?

  2019年11月1日に、『麻雀 勝ち確システム』という麻雀ファン待望の麻雀戦術書が発売される。 リンク   なぜこの麻雀戦術書が待望なのか? それはこの本の著者山越貴広氏が、ア …

邪魔ポン講座 麻雀 うに丸ちゃんねる

    うに丸先生の麻雀講座の動画。 今回は邪魔ポンについてのアレコレ。 邪魔ポンについての真面目な解説はほとんど見たことがなく、これがなかなか面白い内容だったので簡単にまとめてお …

no image

うに丸ちゃんねる 鳴き読み講座【Youtube】【麻雀】

うに丸ちゃんねる 鳴き読み講座 https://www.youtube.com/watch?v=656jzJgLhWw 麻雀における、鳴き読みの本格的解説動画。雰囲気の押し引きだけでやってきた人にとっ …

ミスチョイスQ 高円寺 雀荘レビュー

ミスチョイスQ 高円寺 のルール ・B東南 ・鳴き祝儀 2000点相当 ・赤3、一発裏 ・聴牌連 ・ゲーム代400 TOP賞100   基本はオーソドックスだが、細かい点は若干変わってる。 …

ASAPINがMリーグで誤ツモしたことについての見解

  Mリーグ2020シーズン 11/20(金)第2回戦にて、とある事件が起きた。 U-NEXT PiratesのASAPINこと朝倉康心プロが、親番リーチ中に誤ツモ発生をしてしまい、アガリ放 …