アドゲー戦記 麻雀

アドゲー戦記1 あがり批判から考える人生論

投稿日:2019年7月5日 更新日:

 

六月末、ある雀荘での出来事。

俺はその日も、いつものようにアドゲーに没頭していた。

 

 

その日は調子も悪くなく、良い感じで打てていた。

そろそろ朝を迎えようかという時間の、ある半荘にてこんな場面があった。

 



 

南二局 北家

点棒状況 持ち点2万点程度。飛び寸など特に大きな影響のある他家なし

 

7巡目 他家 仕掛け、リーチなし

一二二三①①②④⑤⑥⑦r567

表ドラ 1

 

二切り先制リーチ

 

 

13巡目 ツモ 裏⑥ 2000 4000 2枚ALL

 

 

他家A「俺だったら②切ってあがり逃してるかもなぁ」

他家B「俺ならカンチャンなんか絶対ツモれねぇわ」

 

 

俺、即リーの理由をご丁寧にも解説する。

 

 

他家A「なるほど。ごもっとも」

他家B「いやぁ、それでも俺はリーチしねぇな」

 

 

うーん、なんだか運量だと思われてる感じがちょっとだけイラっときて解説してしまったけど、

たぶんこういうのは「たまたまっすよー。てへぺろ」って言っとくのが正解なんだろうなぁ。

わざわざ教えてあげる必要もないし、運量だと思われてティルト入ってくれたらそれこそ儲けもんくらいに思っておくのが吉だよねきっと。

 

まぁ麻雀はポーカーと違ってティルト入ったやつがいても周りがさほど得しないことが多いから、儲けもんでもないんだが。(むっちゃ長い目で一生ティルト状態のやつがいたらそりゃ多少得にはなると思うけど、短時間だとむしろやりづらい面の方が目立つ)

 

それに正直べつに結果がどうのこうのというより、わかるやつと語るのが目的みたいなところもある。

とはいえなんだかんだ負けるとつまらんっていうジレンマもあるがw いうてもアドゲー。。

 

 



 

 

まぁこれ、あとからよく考えたら上述した平面情報だけでも即リーでほぼ間違いないんだけど、

立体牌姿こみだと、さらに即リーしか絶対にありえない場面だった。

 

説明すると、

まず一見良型変化が多そうな「一二二三」と「②④⑤⑥⑦」の部分、一二が既に完全情報で残り1枚ずつ

不完全情報も含めると、だいたい期待値0.3枚。

三四⑤⑥は不完全情報のみで期待値0.5~1枚程度

 

要は、形上は良型変化しそうに見えるけど、実際には良型変化する牌はほとんど残ってなくて待つ価値がないってことだ。

今回は結果的にも、変化する牌を持ってくるより前にアガリ牌を持ってきた。持ってきたという部分は結果論だから、もちろん次順に赤⑤をもってきて、そのあとに⑥をもってくることだってある。

しかしその可能性よりも、先制リーチで足を止めて③をツモる方が現実的に可能性の方が高いことを理解して行動できることが重要だ。

 

 

 

 

さて、他家はアガリ形をみて批判してきたということは、平面情報だけでは即リーじゃないという判断なんだろうなと そのときなんとなく思ったので立体情報の部分だけを解説したんだけど、

 

別に平面情報の中でも、少なくとも他家Bはガチでアガリ形だけで判断してるよなたぶん。

あの形だと3巡目4巡目くらいでギリはずしてもいいラインくらいだと思う。

そこまで序盤だと、だいたい立体情報もそれほど出ていないし。

 

 

7巡目でしかもリーチの打点効率が最も高いと言われる赤1だからなぁ。

 

 

こういう場面に遭遇すると、つくづく向上心だけは忘れずにいたいと思う。

 

それから、他人の意見を一旦聞いてみる姿勢

一旦聞いてみて、もう一度じぶんで考えて、考えをブラッシュアップする。

結論は最初と同じでももちろん構わない。とにかく自分にはなかった視点や考え方があるということ自体は一度受け入れて、改めて思考すること。

ほんとこれ大事。

俺自身も、こういう指摘されたことで本当に合ってるか考える機会になったわけだ。

 

 

麻雀は人生を表すとはよく言われるが、

こういうところも、まさにだよな。

 

アドゲー戦記1 終。

 



 

 

 

-アドゲー戦記, 麻雀
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ASAPINがMリーグで誤ツモしたことについての見解

  Mリーグ2020シーズン 11/20(金)第2回戦にて、とある事件が起きた。 U-NEXT PiratesのASAPINこと朝倉康心プロが、親番リーチ中に誤ツモ発生をしてしまい、アガリ放 …

「麻雀辞めた方がいい」と暴言を吐いた連盟・森山会長がひどすぎる件

日本プロ麻雀連盟の会長・森山茂和が、最強戦の解説にてあまりにもひどすぎる暴言を吐いたことで話題だ。   本記事では森山会長の暴言について振り返り、なぜ森山会長はひどすぎるのかを考察してみるこ …

Mリーグ今日の1局 「気でも狂ったのかと思いました」たろう驚愕。高宮まりの猛烈プッシュ

  Mリーグ観戦記「Mリーグ今日の1局」のコーナー。 Mリーグを観戦したその日、最も印象に残った1局を振り返り、Mリーガーたちの打牌意図や、その局のオモシロポイントを(勝手に)検証していきま …

邪魔ポン講座 麻雀 うに丸ちゃんねる

    うに丸先生の麻雀講座の動画。 今回は邪魔ポンについてのアレコレ。 邪魔ポンについての真面目な解説はほとんど見たことがなく、これがなかなか面白い内容だったので簡単にまとめてお …

『麻雀 勝ち確システム』の著者 山越貴広が面白い!! 音速のマスクマンとは?

  2019年11月1日に、『麻雀 勝ち確システム』という麻雀ファン待望の麻雀戦術書が発売される。 リンク   なぜこの麻雀戦術書が待望なのか? それはこの本の著者山越貴広氏が、ア …