書評

ジャニーズは努力が9割 書評 感想 ジャニーズ成功の秘密とは?

投稿日:

本日ご紹介する本は、霜田明寛氏の『ジャニーズは努力が9割』

 

ジャニーズ好きな人じゃなくても、というよりむしろジャニーズにあまり詳しくない人こそ読むと面白い本です。

本書を読むと、ジャニーズタレントへのイメージが変わります

『ジャニーズは努力が9割』 書評 感想

『ジャニーズは努力が9割』の概要

本当の〝才能〟とは、努力できること。
そう、ジャニーズは教えてくれた――。
SMAP、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、滝沢、亀梨……
「努力の16人」と、彼らを導いたジャニー喜多川の「育てる力」に迫る!

amazon.co.jp

 

『ジャニーズは努力が9割』は、かつてジャニーズJr.オーディションを受け、今でもなお生粋のジャニヲタである編集者「霜田明寛」氏の渾身の一作である。

 

霜田氏は、メディア編集者としても長い間ジャニーズを追い続け、数々のインタビューや取材を通して、ジャニーズたちが天性の見た目と才能だけの人間ではなく、努力の人間なのだということを知る。

 

 

世の中の多くの人は、ジャニーズのことを、運良くイケてるルックスで生まれ、運良くジャニーズに選ばれ、運良く人気を得ている、特別な星のもとに生まれた選ばれし人たちだと思っているだろう。

しかし、ジャニーズたちは、普通の星のもとに生まれた普通の人たちであり、彼らの活躍の裏には不断の努力と思考の重なりがあるのだ。

 

この事実は霜田氏にとっては、希望であると同時に絶望でもあった

生まれた星が違うと思えば、ジャニーズになれなかった自分に諦めもつくものだ。
しかし、自分と彼らとの差は生まれた星ではなく、紛れもない努力の差なのだと突きつけられたのである。

 

 

そんな誰よりもジャニーズを愛し、誰よりもジャニーズに詳しい霜田氏が、光り輝くジャニーズたちの中でも選りすぐりの16人の人物たちの”努力の軌跡”と”人生哲学”を余すことなく記したのが、本書『ジャニーズは努力が9割』である。

 

『ジャニーズは努力が9割』で紹介される人物

『ジャニーズは努力が9割』の本編では、以下の16人の人物が紹介される。

  • 中居正広
  • 木村拓哉
  • 長瀬智也
  • 国分太一
  • 岡田准一
  • 井ノ原快彦
  • 堂本剛
  • 堂本光一
  • 櫻井翔
  • 大野智
  • 滝沢秀明
  • 風間俊介
  • 村上信五
  • 亀梨和也
  • 伊野尾慧
  • 中島健人

この16人の生きざまや、努力の方法は、同じジャニーズとはいえそれぞれ大きく異なっており、まさに十人十色である。(多様な16人が選ばれている)

彼らが成功するまでの道のりには、一体どのような思考があり、どのような努力をしてきたのか。

その道筋はそれぞれであるが、16人の中には少なからず読者が似た境遇にあったり、その哲学に共感する人物が出てくる。

彼らのエピソードを知ることによって、誰しもが「ジャニーズのあいつも、そうやって努力して克服してきたのか」と思うことができ、何かしらの人生のヒントを得ることができるだろう。



ジャニー喜多川の育てる力

第二部では、ジャニーズたちを育てたジャニー喜多川論が語られる。

特に印象的な点は、ジャニーズ事務所の選抜基準が ”やる気” と ”人間的にすばらしい” の2点だけだという点である。

このジャニー喜多川の選抜基準は、ドラッガーの組織論とも一致するという。

 

SMAPの前身であるスケートボーイズでデビューした人は、ジャニーさんに「スケボーやらない?」と聞かれて「やります!」と答えた人。

V6でデビューした人は、ジャニーさんに「バレーボールやらない?」と聞かれて「やります!」と答えた人だという。

ジャニーズJr.に入ってからも、やる気をとにかく重視していたそうだ。

 

この他にもジャニー喜多川流のマネジメント法がいくつも紹介されている。

 

読後の感想

『ジャニーズは努力が9割』を読むと、いままでなんとなく見ていたジャニーズタレントたちに対する捉え方が変わる。

また、単に「この人たちすごいね」で終わるのではなく、努力の内容を一般化して、読者が活かすことまで意識して書かれているところがまた良い。

そして何より、筆者のジャニーズへの愛が心地よい。

 

一読の価値ありです。

 

 




 

-書評

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

働き方完全無双 要約・感想 ひろゆき流の日本再興戦略がコレだ!!

働き方完全無双 2ちゃんねる創設者であり、インターネット界の重鎮である西村ひろゆき氏の著書である。   リンク   今回は、この【働き方完全無双】の要約と感想を書いていきたいと思い …

『麻雀 勝ち確システム』の著者 山越貴広が面白い!! 音速のマスクマンとは?

  2019年11月1日に、『麻雀 勝ち確システム』という麻雀ファン待望の麻雀戦術書が発売される。 リンク   なぜこの麻雀戦術書が待望なのか? それはこの本の著者山越貴広氏が、ア …

『ハッタリの流儀』感想・書評 価格は1400円~2000万円の自由価格!?

ホリエモンこと堀江貴文氏の『ハッタリの流儀/ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法』を読んだので、今日はその感想・書評です。 リンク   ででん! とりあえず、この表紙 …