雑記の類

たまには息をするようにしてもいい

投稿日:2019年6月6日 更新日:

世の中は、山ちゃんと蒼井優さんの話題で持ち切りのよう。

かくいう僕も、まんまと記者会見の動画を見てしまったんだけどね。

なんやかんやで芸人も夢あるなぁっていう気持ちと(左脳)、まじで別に理由とかないけどなんか生理的に一瞬イラっとしたわっていう気持ち(右脳)を感じた。

この感覚が普通なのかおかしいのかはちょっと気になる。

みなさんはどうですかねー。

 

 

さて、しばらくいわゆるブログ風の記事を書いてみたけど、たまにはガチの雑記風に書いてみようと思う。

ようするに息をするようになんとやらってやつだ。

 

本当はレビューを書きたい本がたまっているのだが、Amazonアソシエイトの審査がまだ通らないことでイマイチ気持ちが乗らないというのがひとつある。

Adsenseの方の審査は通ったんだが、なんでですかねー。 はじめての Google AdSense 登録完了しましたのお話

こういうのって審査通らないとき、理由が書かれてないのがだるいよね。

 

正しいフィードバックがないとPDCA回せないというか、もちろん可能性のある点を網羅的につぶしていけば、いつかどれかにあたるとは思うけれど、それだと効率悪いし成長速度落ちるよね。

就活落ちたときとかも、これあるよね。

いや理由教えろや!ってやつ。

社内の評価とかだと、(僕の会社では)どこが良くてどこが悪いかポイントついて出てくるし、コメントもついてるから改善しがいがあるんだけどね。

一般的にはそうじゃないほうが多いのかもしれないけど。

 

結婚会見といえば、ちょうど先日、会社の飲み会に後輩が婚約した彼女を連れてきていた。

それでその時の様子が、いま思えばほぼ山里の結婚会見と同じだったような気がせんでもない。

 

「どうやって出会ったんですか?」

「2人はどのように呼び合っているんですか?」

「料理はされるんですか?」

だいたいしてる質問同じだったなw

 

特にどう呼び合ってるかの質問、山里の方は真面目な答えですげぇつまんなかったけど、同僚の方はマジでクソみたいな呼び方してることを普通に発表してて、すげぇ盛り上がってたわ。

自己犠牲の精神にあっぱれシールをあげたい。

 

そういえば、Amazon以外のアフィもどんなのがあるか、いろいろとあさっていたらこんなのがあった。

グーペ

ふつうにすげぇ簡単におしゃんてぃなサイト作れそう。

なんかもう、基本的にこういうのでいい時代なのかなっていう風味もあるよね。

Googleサイトみたいなやつでも結構まともに作れるし。

実際使ってみて書くのはまた今度にしよう。

 

よくとりあえず1000文字書けって言われるんだけど、まだ何も考えずに書くと1000文字って意外といかないんよね。

自然に行ける感覚つかみたい。

 

 

まぁあれだわ。アイスは結局PINO。

以上。

-雑記の類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

美女と野獣とFacebook空間のジレンマ

こんにちは、ロードショーで実写版 “美女と野獣” をチラ見してふと思った。     「これ、ただのキマリじゃん。」   … &nbsp …

読書感想文不要論が間違っていたので本気で指摘してみた

読書感想文不要論がTwitterで話題になった。 なにやら、国語教師らしき人物が読書感想文不要論を説いたことが発端らしい。   この話題が気になったので内容を見てみたが、正直に言って甚だおか …

テレワークで副業できないザコになるな

しばらくぶりの記事である。   今宵は戒めの雑記をつらつらと書いてみようと思う。 大した話ではないが、「テレワーク×副業」についてのざっくりとした方法論もある。   目次 テレワー …