展覧会

進撃の巨人展FINAL感想 最終話のネタバレなどなかった件

投稿日:2019年7月17日 更新日:

六本木ヒルズにて開催中の「進撃の巨人展FINAL」に行ってきました。

 

最終話のネタバレがあるという噂を聞き、見たいけど見たくないというドギマギを抱えながら参戦したものの、

正直に言って、ネタバレの内容は全然意味がわからなすぎてドギマギは不要でした

 

進撃の巨人展FINALの感想レポートです。

 



開催内容

タイトル:進撃の巨人展FINAL

日程:2019年7月5日(金)~2019年9月8日(日)

場所:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)

チケット:前売り1900円、当日2000円

公式サイト:進撃の巨人展FINAL

進撃の巨人展FINAL 詳細レポート

入り口

チケットを買って、エレベーターで52階へとあがる。

入り口では追加料金800円で音声案内を販売している。

声優さんの解説が聞けるらしい。(自分は購入せず)

 

オープニングムービー

壁の中に入ると、アルミンボイスのオープニングムービーが始まる。

 

 

 

ムービーはいわゆるアニメーションではなく、漫画の切り貼りを動かしていく感じのやつ。

だがこれは意外と躍動感あってワクワク指数は高め。

 

 

そしてアルミンから 選択しなければならない..

みたいな煽りをやたらと入れられ、

壁の中壁の外の2つのルートから1つを選ばされる。

 

1度選んだら2度と戻れないと煽られるので、

うわぁ、結局2回来なきゃ行けないのか、くぅ~~ となる。

 

壁の中のルート

ルートを選択すると、物語の進行に沿って原画を見られる構成になっている。

壁の中は原作同様のエレン視点、壁の外はライナー・ベルトルト視点、で序盤のストーリーをなぞっていくようだ。

 

原画は思っていたより迫力があって、眺めているだけで楽しめた。

漫画で見ているとあまり実感がないが、原画で見るとすげぇめんどくそうな絵を1枚1枚描いてるんだなぁというのがよくわかる。

 

 


2つのルートの合流

1度選んだら2度と戻れないと散々煽られた壁の中と壁の外のルート選択だが、意外とすぐにあっさりと合流する

 

合流地点から反対側を少しのぞける。

反対側には、巨人サイドから見た街の風景の原画が飾ってあって、なるほどなという感じ。

まぁぶっちゃけ2回行かなきゃいけないというほどではなかった。

 

 

シリーズ前半部分はここまででほぼ終わりで、今回の進撃の巨人展FINALのメインは物語の後半、壁の外の世界を知ったあとの部分になっている。

放映中のアニメより先の部分が割と出てくるので、ネタバレ気にするならアニメ派は原作読んできた方がいいかも。

 

だがちょうど最近アニメでやってたシーンあたりが充実していて、あ、これ進研ゼミでやったやつだ感を感じられる原画が多いのは良かった。

エレンVSライナーや

 

 

リヴァイVS獣の巨人あたり。迫力ある

 

1分の1ジオラマシアター「巨人大戦」

ここも、エレンVSライナーなどを中心に、なかなか迫力ものの映像をみることができる。

 

まさに原画が動き出すといった雰囲気の映像なのだが、あまり見たことのないタイプの映像で面白かった。

ここでしか見られないオリジナル感のある映像なので、ポイント◎

 

また、この場所自体が町を表現していて、原作に登場する小物などもなぞに展示してある。

雷槍(らいそう)

 

ふかしたいも




 

音声展示「最後の風景」

そしておまちかね、最終話のネタバレコーナー。

 

 

この部屋の中だけは撮影、録音が禁止と書かれており、さらに期待感を煽られる。

 

しかし実際入ってみると、風景音や雑音がガチャガチャ聞こえるだけで何のことやらさっぱりわからん

すげぇオタクだったらあれでなんかわかるのか?

個人的にはなんもわからんすぎて拍子抜けした。

 

ネーム&インタビュー「物語を創ったもの」

 

最後は原作者インタビュー映像と、ネームが一面に貼られた部屋。

ストーリーを盛り上がりに持っていくために必ず盛り下げなければならない部分があって、そこがうんぬんとかいう話とかしてた。

写真は、自分に近いキャラは最初アルミンかと思ってたけど、だんだんエレンになってきたという話をしている場面。

公式ショップ「リーブス商会」

そしてお土産屋さんに続く。

限定品が多数販売されている。

リヴァイ関連の商品だけが軒並み売り切れになっていたので、リヴァイオタはご注意。



まとめ

進撃の巨人展FINAL。

最終話のネタバレに関してはよくわからなかったが、全体としては割と楽しめた。

原画そのものも美しく見ごたえがあるし、展示会としてのストーリー仕立ての構成や、流れる映像もクオリティは悪くない。

 

まだまだ9月初旬まで開催しているので、夏休みの暇つぶしに行ってみるとよいかも。

 

以上。

 



 

 

-展覧会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小畑健展 NEVER COMPLETEに行ってきた感想。

  小畑健展 NEVER COMPLETEに行ってきました! 公式サイトは こちら   感想を書くので、これから行くか迷っている方、参考になればと思います。 今行ってきて余韻に浸っ …